教材

2020/7/31

英語学習を快適にしてくれるお勧めツールや教材一覧

英語学習を快適にしてくれるツールや教材を一挙ご紹介します。 総合 Cake【スマホアプリ】 これが完全無料アプリとは驚きです!厳選されたYouTube動画を使ってリスニングとスピーキングのトレーニングができます。特に秀逸なのがAIスピーチ認識機能を使って、自分の発音の評価をしてくれることです。また録音した音声もその場で再生できて便利です。このアプリはスマホよりもiPadなどのタブレットで使ったほうが使いやすいと思います。 Cake (ケーク) 英会話 開発元:Playlist Corporation 無料 ...

ReadMore

教材

2020/7/5

「ビジネス英語 話す筋トレ」のレビュー

「ビジネス英語 話す筋トレ」はパターンプラクティスを使ったビジネス英会話教材です。著者は、リスニング教材モゴモゴバスターの著者でもある松尾さんです。 モゴモゴバスターがとてもよい英語教材でしたので、モゴモゴバスター購入者向けの先行販売で「ビジネス英語 話す筋トレ」を購入しました。 購入してから1週間使用しましたので、レビューをしたいと思います。 ビジネス英語 話す筋トレ公式サイト ここがよい点 理由に関わらず、365日返金保証 まず大事な点としてお伝えしたいのが、著者の販売姿勢がとても良心的だということで ...

ReadMore

早朝の目覚め

スピーキング

2020/5/14

NHKラジオ英会話をお勧めしない3つの理由

英会話を勉強しようと決意したとき、まず思い浮かぶ教材がNHKのラジオ英会話ではないでしょうか?ラジオさえあれば無料で良質な英会話が学べるため、昔も今も大人気です。しかし私はNHKラジオ英会話をあまりお勧めしません。 NHKラジオ英会話をお勧めしない3つの理由 1.毎年新講座を作るためにあまり使わない英語表現が出てくる NHKラジオ講座は毎年4月になると新講座が開催されます。新講座に合わせて、今年こそ英語を頑張るぞと決意する人も多いのではないでしょうか? でもどうして毎年新講座が開設されるのでしょうか?英語 ...

ReadMore

good idea

話すための英文法

2020/4/22

alreadyとyetとstillの使い分け【スッキリ解決!】

already、yet、stillの使い方がごっちゃになるのは、日本語の「もう」「まだ」という言葉に振り回されてしまうことが原因です。完了の使い方と継続の使い方の2つを分けて考えるとスッキリ理解できるはずです。 それぞれの使い方ごとに、肯定文、疑問文、否定文と分けて例文をご紹介します。 基本的な2つの使い方 1.「もう/すでに~である」【完了】の使い方 完了の使い方はその名の通り、現在完了形(アメリカ英語の場合、過去形)の時制で使うことが多いです。※現在形の使い方もあります。 もう/すでに~である【完了/ ...

ReadMore

英文法

話すための英文法

2020/4/14

onlyの位置【I have only … / I only have …】どちらが正解?

onlyの位置に迷ったことはありませんか? 例えば「私は車を1台しかもっていない」を英語にする場合、I have only one car.とI only have one car.のどちらが適切でしょうか? onlyの位置はどちらでもよいと解説されることもありますが、実際にはちょっとしたルールがあります。それは書き言葉と話し言葉の違いです。詳しく解説していきます。 onlyの基本的な位置 ルール1:修飾する言葉の直前に置く onlyは原則、修飾する言葉の直前に置きます。まず最初に主語を修飾する例を見てみ ...

ReadMore

サマー先生世界一受けたい授業

リスニング 教材

2020/4/8

プライムイングリッシュの評価【これで洋画もバッチリ!№1リスニング教材】

最高峰の英会話教材の一つです。自信をもってオススメします。 まずリスニングにおいては、ネイティブが当たり前のようにやっていながら学校教育や一般の英語教材ではけっして教えてくれない音声変化の法則を教えてくれるます。 この音声変化の法則を学んでリスニングすれば英語が聞き取れるようになるまでの時間は1/10程度に短縮できるでしょう。科学的な考え方です。 またスピーキングにおいては、独自の3スピーキングシステムにより確実に話す力が身につきます。一言で表すなら「英会話スクールのような体系的学習とスピーキングトレーニ ...

ReadMore

オンライン英会話スクール比較

スピーキング

2020/4/8

【2020年春最新版】お勧め英会話教材トップ3

英語を話せるようになるには教材は1つ、2つ程度で十分です。良質な教材を繰り返し使うことが上達の近道です。 でも自分にあった教材を選ぶのはなかなか難しいことです。当サイトでは「リスニング効果」「スピーキング効果」「自然な英語が使われているか」「文法やフレーズ解説は充実しているか」「続けやすい仕組みはあるか」という5つの基準で採点しました。   結論から言って当サイトで初級者の方にお勧めできる英会話教材は3つです。 まず英語力を総合的に高めたいという方はスタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)が間違 ...

ReadMore

半年で英語が聞こえる、1年で話せるを実感できる学習法

英語ができるようになるためには、モチベーション×正しい学習法が必要です。日本人が英語を話せるようにならないのはアウトプット学習が不足しているからだと言われることもありますが、アウトプット学習の前には一定量のインプット学習が不可欠です。

私のお勧めする学習手順は「発音」⇒「文法」⇒「リスニング」⇒「スピーキング」です。この手順で半年で英語が聞こえる、1年で話せるを実感できるようになれます。

英語学習体系図

 

1.発音が英語学習の全ての土台

英語学習の土台となるものは、発音・文法・ボキャブラリーです。その中でも発音は土台中の土台です。

なぜ発音は土台中の土台なのか?それは、発音はスピーキングに限らず英語学習のあらゆる場面で必要になる要素だからです。例えば文法書の英文を読むときでも、心の中で何らかの発音をしているはずです。この心の中の発音を適当にやってしまうと癖となって残ってしまいます。ですので発音は英語学習の一番最初に取り掛かるべきです。

発音

文法

2.英会話の前に徹底したインプットが不可欠

多くの人にとって、英語を勉強する目的は「話せるようになること」だと思います。そのため、まずは「英会話」をやろうとする人が多いのですが、それはあまりお勧めできません。アウトプット(話すため)にはまず最初にインプットが必要です。

インプット学習のベースとなるのが、リスニングとリーディングです。

リスニング

3.簡単に話せるようになると思うな。スピーキングは筋トレと同じ

「このサプリメントを飲めば1ヵ月で10キロ痩せる!」とか「このマシンを使えば1ヵ月で筋肉もりもり!」のような宣伝文句を見たら、そんなうまい話はないと思うでしょう。それなのに、「この教材を使えば1ヵ月で英語がペラペラになる!」という宣伝文句には騙されてしまう学習者は多いようです。

私もかつては騙されてしまったうちの一人です。今になってわかるのは、英語は筋トレと同じです。1ヵ月やそこらで目に見えた成果はでません。数か月から数年に及ぶ地道なトレーニングが必要です。

そういうと、がっくりきてしまう学習者も多いでしょう。一方でこれは朗報です。英語は才能がなくても地道な努力さえできればできるようになるからです。筋トレと同じように、継続すれば必ず力がついていきます。

スピーキング

Copyright© アラフォー英語 , 2020 All Rights Reserved.