スピーキング 教材

【ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング】とにかく話せるようになりたい人のスピーキング本

とにかく話せるようになりたいという人にお勧めなのが、ガチトレです。

ガチトレには2種類あります。元祖ガチトレの「ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング」とその上級版の「超ガチトレ 英語スピーキング上達トレーニング」です。

なぜこの本が有名にならないのか不思議でたまらないほど良書です。

レベルとしては「ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング」が初心者から初中級者向け、「超ガチトレ 英語スピーキング上達トレーニング」が初中級者から中級向けです。

たった、この2冊だけで、ほとんど単語のつなぎ合わせで英語を話すレベルだった人でも、最終的にはネイティブが驚くほどのスピーキング力まで到達することができます。

どうしてガチトレだとスピーキング力が上達するのか?

「文法解説⇒実践」の順番でしっかり身につく

スピーキング力向上にはたくさんのアウトプットが必要ですが、ベースとなる基礎文法をおろそかにすると後々苦労します。

ガチトレではテーマごとに文法解説⇒実践の順番で進んでいきます。文法解説は小難しい理論ではなく、話すための文法に特化しています。わかりやすくて実践的です。

文法を理解しておくと、英文を作るときに自信が持てます。

無理なくステップアップする

ガチトレの基礎編、「英語スピーキング徹底トレーニング」では冠詞の使い方から始まります。冠詞においても徹底的にアウトプット練習があります。

徹底して学ぶと自信がつきます。冠詞については大丈夫だと思えるようになります。そしてその冠詞を土台として次のステップに進みます。

このように少しずつ土台を強化していくので無理がありません。そして身についている実感があるので何よりも学習のモチベーションが高まります。

日本語が英語の順に並び変えられている

英語と日本語では語順が違います。この語順の違いが英語が難しいと感じる原因の一つです。

ガチトレでは英訳する前の日本語を英語の語順にして表示しています。例えば「ある/いくつかのリンゴが/箱の中に」という感じです。(There are some apples in the box. の日本語訳として)

日本語としては変なのですが、この日本語パターンだと英文をスムーズに作れます。

これを何度も繰り返し行っていると、英語の語順が染みつき、自然と適切な英文が作れるようになります。

Amazonレビューの中にこの日本語の表示の仕方に違和感があるというものがありましたが、慣れればこのやり方の素晴らしさに気が付くでしょう。

同じパターンを何度も繰り返し練習

英語力向上にはやはり圧倒的な量の学習が必要です。頭で理解したことを何度も何度も繰り返して練習すると、理解したことが血肉となる感じです。自然と英語が出てくるレベルに変化していきます。

基礎編の「ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング」からスタートがお勧め

一刻も早く上達したいという気持ちが強いと、レベルの高いものから取り掛かりたくなるかもしれません。しかしスピーキングは自分のレベルよりもかなり下からスタートするほうがよいです。

そして頭では理解できていても、口に出すときにスムーズに言えないもの(冠詞・時制・比較級などなど)を最初に徹底的に学ぶほうが後々効率的です。

「比較級が苦手なんだよなあ」とか「助動詞は不得意なんだよなあ」という不安があると、どこかの時点で上達が伸び悩みます。

「ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング」からスタートしても、真剣にやれば2冊で6か月もあれば終わらせることができます。

そして6か月後にネイティブも驚くようなスピーキング力が手に入るとしたら、やってみる価値があると思いませんか?

ココがおすすめ

超分厚い本ですが、学習が楽しい(自分の成長が実感できる)ので苦にならないと思います。

ガチトレを購入するなら紙版がお勧めです。この書籍に限らず英語学習は紙版のほうが向いています。

電子書籍版だと文字が小さくて学習しにくい、行ったり来たりの往復に時間がかかります。その他、できなかったところ、押さえておきたいところにチェックをするのも電子書籍だと面倒です。

 

-スピーキング, 教材
-

Copyright© アラフォー英語 , 2020 All Rights Reserved.