英語発音の重要性

発音

なぜ発音が大事なのか?発音学習のモチベーションを高める5つの理由

もし10年前の自分に効率的な英語学習法をアドバイスすることができるなら、間違いなく「発音から始めなさい」と言うでしょう。

発音が英語力向上の最短ルートであるのは間違いないからです。

とは言え、正直発音学習は退屈です。発音学習するならその動機付けがあったほうがよいでしょう。ここではどうして発音学習が英語力向上の肝なのか、発音がよくなるとどんなメリットがあるのかをお話します。

なぜ発音が英語学習の肝なのか?

英語の4技能という考えがあります。Listening(リスニング)、Speaking(スピーキング)、Reading(リーディング)、Writing(ライディング)です。この中で一番最初に身に着けるべきものがリスニングです。これは母国語の取得順番を思い浮かべれば理解ができるかと思います。

そして英語学習者のほとんどが最初のリスニングで足踏みをしてしまいます。何年も英語学習しているのに英語が聞き取れないと悩んでいる人が数多くいます。

残念ながらやみくもにリスニング学習を何百時間しても、いつまでたっても自信をもって英語が聞き取れるという状態にはならないでしょう。リスニングの基礎となる英語の発音を知らないと、英語の音が雑音として脳で処理されてしまうからです。

たとえば日本語のアに近い英語の音としては、[æ], [ɑ], [ʌ] がありますが、英語の発音を学んでいないと、脳はどれも日本語の「ア」で処理しようとします。だから英語リスニングには発音学習が絶対なのです。

リスニング練習を何時間も重ねることで、[æ], [ɑ], [ʌ] の違いをある程度はわかるようになるかもしれません。それでも基礎となる発音学習をおろそかにしてしまうと、リラックスした状態で英語を自然に聞き取れるという状態に到達するのは困難でしょう。

発音が上達するメリット

前段では、英語技能において最初にマスターするのがリスニング力であり、リスニングには発音学習が絶対不可欠という話をしました。ここからは発音学習をすることのメリットをご紹介します。メリットを知っておくと(退屈な)発音学習のモチベーションになります。

リスニングがよくなる

発音学習の最大のメリットはリスニング力が格段に上がることです。自分で正確に発音できる音は確実に聞き取れるようになります。

例えば英語を学びたての頃は、fanとfunがどちらも同じような発音に聞こえがちです。それはfanの音が日本語にはない音だからです。経験のない音は知っている音に変換されて認識されます。英語の発音を知らない人の場合、fanとfunはどちらも「ファン」と変換されて認識されます。

しかし英語独特の発音を学ぶことによって、fanとfunが違う発音であることが理解できるようになります。理解できるようになると聞いた時もわかるようになるのです。

リスニング力がなかなか上がらないと悩んでいる人は、発音学習することを強くお勧めします。

単語が綴れる

発音が正確にわかるようになると、知らない英単語でも音を聞いただけでアルファベットの綴りがわかるようになります。英単語はフォニックスというルールに基づいて綴られています。

フォニックスのルールがわかっていれば、音を聞いて、それをもとに綴りにできるのです。それだけでなく、音を聞いて綴りが書けるようになると、単語を覚えられる能力が急速に高まります!音と綴りが結びつくので英単語を覚えるのがとても簡単になります。

ネイティブは幼稚園の頃にフォニックスルールを学びます。学ばなくても、英語を学習しているとなんとなく発音と綴りの関係はわかってくるものですが、一度きちんと学んでおくと頭の中がスッキリしますよ。

リーディングのスピードが上がる

不思議なことに、発音がよくなるとリーディングのスピードも上がります。理由は次のようなことです。

本を読むとき、黙読をしていても実は脳内では音を再生しています。声は出さずとも頭の中では音読をしています。

だから黙読していても発音の仕方がわからない単語があると、その部分でつかえて読むのが遅くなってしまいます。

逆に言えば発音をわかっているとつかえることなくスムーズに読むことができます。だから発音ができるとリーディングのスピードも上がるのです。

相手に英語が通じる

何度英語を言っても相手に理解してもらえないという経験はありませんか?このような経験を繰り返すと英語を話すことに恐怖心が出てきてしまいます。当たり前ですが正しい発音をすれば相手に通じます。通じると話すことが楽しくなります。

ネイティブレベルの発音を目指す必要はないですが、通じるならジャバニーズ発音のままでよいという考えはお勧めできません。それは通じているのではなく、相手が理解できるよう汲み取ってくれているだけの可能性があります。

発音がよくなると英語がカッコイイ!

発音が上手だと英語が上手に聞こえます。たいしたことを言っていなくてもかっこよく聞こえます。

かっこくよく話せるより話の中身が大事。それは正論です。でも発音がよくなると英語学習が楽しくなります!

発音が上達するにつれて自分の発音に思わずにやりとしてしまう場面も出てくるでしょう。これは英語学習を継続する上で密かに大事なことだと思っています。

発音学習法・お勧めの発音教材
ネイティブレベルの発音を目指そう【英語の発音練習のやり方・お勧めの教材】

英語発音の学習でどこまでのレベルまで目指しますか?「通じるレベルの発音が身につけばよい」と考えている人も多いでしょう。でもできればネイティブレベルの発音を目指すことをお勧めします。発音をよくすることは ...

続きを見る

-発音

Copyright© アラフォー英語 , 2020 All Rights Reserved.