英文法

anythingとsomethingの使い方【3分でスッキリ解決】

投稿日:

anythingとsomethingの使い方を疑問形、肯定形、否定形でそれぞれ比較して紹介します。

注意ポイント

「anythingは肯定形で使えない」と解説しているサイトがありますが、これは間違いです。ネイティブはanythingを肯定形でも使います。辞書にもanythingの肯定形の使い方は記載されています。

anything something 疑問文での使い方

例文

Is there anything I can do for you? 「何か私ができることはありますか?」

Would you like something to drink? 「何かお飲みになりますか?」

疑問文ではanythingとsomethingを入れ替えても問題ないケースが多いです。

上記の例文でも入れ替えOKです。つまりIs there something I can do for you? や Would you like anything to drink? でもOKです。

ただしニュアンスが異なります。疑問形でsomethingを使う場合、相手からYesの答えを期待しています。

例えば家にお客様を招待して「何かお飲みになりますか?」と聞く時は Would you like something to drink? とするほうが自然です。そのほうが飲み物を出してあげたい気持ちが伝わります。

somethingが相手からのYesの反応を期待しているのに対してanythingはYesでもNoでもないフラットな気持ちです。

anything something 肯定文での使い方

例文

I eat anything. 「私は何でも食べます」

I want to eat something. 「何か食べたい」

上記の例の場合、anythingとsomethingを入れ替えすると意味が通じなくなります。

肯定文ではanythingは「どれでも/どれを一つとっても」という意味です。

それに対してsomethingは「どれか/いくつか」という意味です。

anything something 否定文での使い方

例文

I didn't eat anything yesterday. 「私は昨日何も食べなかった」

否定文の場合、基本的にanythingを使います。否定文でsomethingを使う場合もありますが、例外的なので原則使わないと考えておいてよいでしょう。

スポンサードリンク

-英文法

Copyright© オンライン英会話スクール徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.