文法・フレーズ

「~に行ったことがある」の英語はなぜ I have gone to ~. ではだめなのか?

更新日:

「~に行ったことがある」の英語は I have been to ~. です。

ただ英語を勉強していて「行く」という言葉から I have gone to ~. ではだめなのかと疑問に思ったことはないでしょうか?

結論から言うと「~に行ったことがある」は I have been to ~. が正しく、I have gone to ~. は間違いです。

なぜ I have gone to ~. はだめなのか?

それは現在完了形の「経験」の用法においては go という動詞は使わないことがルールだからです。

現在完了形には「完了・結果・経験・継続」の用途があり、語法上のルールがないと意味が混乱してしまいます。

例文

He has gone to the U.S.「彼はアメリカに行ってしまった」

上記の例文のように have gone to は現在完了形の「結果」の用法に使われます。

この意味と混乱しないよう「~に行ったことがある」という経験の意味ではgo の代わりに have been to を使うことをルールとしているのです。

参考

He has gone to the U.S.「彼はアメリカに行ってしまった」

He went to the U.S.「彼はアメリカに行った」

現在完了形と過去形を比べると、現在完了形は「行ってしまったばかり」という感じと、「行ってしまって寂しい」などの心情が伝わってきます

それに比べると過去形のほうは「彼はアメリカに行ったよ」と淡々とした感じです。

ただし I have gone to ~. が許容されることもある

原則は「~に行ったことがある」の英語は I have been to ~. なのですが、 I have gone to ~. でもよいとされる時もあります。

例文

I have gone to Hawaii several times.「ハワイには何度も行ったことがある」

上記の例のように経験を示す副詞(上記の例ではseveral times)を伴う場合は意味が混乱しないため、I have gone to ~. でもOKとされています。

ただしあくまで「許容されている」だけなので、ご自身で使うときは I have been to ~. をお勧めします。

I have been to ~. は「~に行ってきたばかりだ」の意味でも使う

混乱させてしまいそうですが、I have bee to ~. は「~に行ってきたばかりだ」の「完了」の用法でも使います。

例文

I have just have been to the bank.「ちょうど銀行に行ってきたところだよ」

上記の例文の日本語訳が「私は銀行に行ったことがある」とならないのは、just という副詞があるからです。現在完了形は副詞の存在により意味が異なってきます。

 

 

-文法・フレーズ

Copyright© オンライン英会話スクール徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.