forget

文法・フレーズ

forgetの使い方まとめ【他動詞/自動詞/動名詞/to不定詞】

更新日:

forgetには他動詞と自動詞の使い方があります。基本的に他動詞と自動詞では使い方(意味)が異なるのですが、一つだけほとんど似たような意味の使い方があります。

この記事では似ているけれどニュアンスが違うforgetの他動詞と自動詞の意味の違いを解説します。

本題に入る前に他動詞、自動詞のそれぞれの使い方を紹介します。

forget 他動詞の使い方

~を忘れている(思い出せない)

例文

I forget her name.「彼女の名前を忘れてしまった」

例文の日本語訳は「忘れてしまった」と過去形ですが、英語の場合は通常このような表現に対して現在形のforgetを使います。

forgetは状態動詞です。「~を忘れている/思い出せない状態」ということです。remember(覚えている)の反対と考えるとよいでしょう。

I forgot her name. と過去形にすると「彼女の名前は忘れていたよ(今は思い出している状態)」となります。

参考

今忘れてしまったばかりという場合は現在完了形を使って、I've forgotten her name. と言います。

~したことを忘れる

例文

I'll never forget seeing you.「あなたに会ったことは決して忘れないでしょう」

すでにしたことは動名詞を使います。この形は例文のように未来形 + 否定形で使うことが多いです。

~することを忘れる

例文

Don't forget to turn off the gas before going out.「出かける前にガスを消すことを忘れないように」

I forgot to lock the door. 「ドアをロックするのを忘れた」

まだしていないことはto不定詞を使います。

比較

上記の2つ目の例文を動名詞にすると I forgot locking the door. 「ドアにロックしたことを忘れた」となります。

<物>を持ってくるのを忘れる

例文

I forgot my umbrella.「傘を持ってくるのを忘れた」

置き忘れた場合は leave を使います。

比較

I left my umbrella on the train. 「電車に傘を置き忘れてしまった」
※leftはleaveの過去形

forget 自動詞の使い方

 ~を忘れる

例文

I almost forget about the meeting.「もう少しで会議のことを忘れるところだった」

他動詞のforgetと自動詞のforgetの違い

「~を忘れる」という使い方は他動詞にも自動詞にもあります。この2つの違いを例文で比較してみましょう。

直接的か間接的か

対象物そのものを忘れるというような場合は他動詞を使います。

例文

I forget his name.「彼の名前を忘れてしまった」

それに対して、対象物そのものではない場合は自動詞を使います。

例文

I'll never forget about today. 「今日のことは決して忘れません」

上記の例では「今日あった出来事や体験」を意味しているので、他動詞ではなく自動詞で含みを持たせています。

気持ちの強さが違う

他動詞でも自動詞でもどちらでもOKなケースがあります。例えば「あなたのことは忘れないよ」というような場合です。

例文

I won't forget you.「君の存在は忘れないよ」

I won't forget about you.「君との思い出は忘れないよ」

わかりやすくするためにニュアンスを意訳しています。他動詞と自動詞で同じ意味がある場合、他動詞のほうが直接的です。I wont' forget you. のほうが気持ちが強い感じがします。

恋人との別れなら"I won't forget  you." 友人との別れなら"I won't forget about you." というところでしょうか。

参考文献

スポンサードリンク

-文法・フレーズ

Copyright© オンライン英会話スクール徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.