英文法

話すための英文法

【NothingとNoneの違い】Do you have any questions?と聞かれたらどっちで返答する?

オンライン英会話ではレッスン中にたびたび、Do you have any questions? 「何か質問はありますか?」と聞かれます。

「何も質問はありません」と返答したいとき、None.とNothing.のどちらで答えるのが正しいでしょうか? 正解はNone.です。NothingとNoneの違いをまとめます。

NothingとNoneの違い【理論編】

nothingの元の形はno thingで「ものがない」という意味です。noneの元の形はno oneで「一つもない」という意味です。

nothingは不特定の名詞に使います。対してnoneはすでに出た名詞に対して使います。

I was sure that we still had something to eat, but there was nothing in the fridge.「まだ何か食べ物があると思っていたが、冷蔵庫には何もなかった」

I was sure that we still had some eggs, but there were none in the fridge.「まだいくつか卵があると思っていたが、冷蔵庫には全然なかった」

※THE WISDOMから引用

前者はsomething to eatと不特定のものなのでnothingを使います。後者はsome eggsと具体的なものなのでnoneを使います。none=no eggsという意味です。なお、noneは単数扱い、複数扱いの両方があります。

NothingとNoneの使用例【具体例】

Nothingで答えるのが適しているケース

漠然としたものに対してはNothing.で返答します。

  • What is in the box? 「箱には何が入っているの?」 - Nothing.「何も」
  • What are you doing? 「何をしているの?」 - Nothing.「何も」

Noneで答えるのが適しているケース

あるグループの中でどれを一つとってもない場合はNone.で返答します。数えられる名詞にも数えられない名詞にも使います。

  • Do you have any questions? 「質問はある?」 - None.「何も」
  • How many cars do you have? 「車は何台持っている?」- None.「全然」
  • How much of the bread have you eaten? 「どのくらいのパンを食べたの?」- None.「全然」

Do you have any questions? 「何か質問はありますか?」は、具体的なquestionsがあるかどうかを聞いているわけですから、No questions. = None.で返答するのが適切です。

Do you have any questions? に対しての返答バリエーション

講師からDo you have any questions? と聞かれていつもいつもNone.だと単調になってしまいますよね。返答の仕方をいくつか知っておくと便利です。

  • None.
  • I have none.
  • I have no questions.
  • No, I don't.
  • Not really.
  • Not right now.
  • Not at the moment.
  • I'm OK.
  • I'm all right.

No, I don't. I'm OK. などと組み合わせて使ってもよいですね。

-話すための英文法

Copyright© アラフォー英語 , 2020 All Rights Reserved.