英文法

話すための英文法

canとbe able toの違い【4つのルールで使い分けをマスターしよう】

can = be able toと学校で習った方もいらっしゃるかと思います。しかしcanとbe able toは使える文法条件が違います。また意味が異なることもあります。どちらを使うかは4つのルールで判断します。

can と be able to の違いの文法ポイント

最初に文法ポイントを列挙します。その後、例文を見ながらルールを確認していきます。

ルール

  • canとbe able toの意味は同じ。日常会話ではcanが自然。
  • ただし助動詞、完了形、不定詞の後はcanが使えないのでbe able toを使う。
  • 過去形では使い方が異なる。couldは一般的状況で「~できた」、was able toは特定の状況において「~できた」。
  • 過去否定形のcouldn'tは一般的状況、特定の状況のどちらもOK。wasn't able toは特定の状況において「~できなかった」という使い方。

これだけでは意味がわからないと思いますので、例文を見ながらルールを確認しましょう。

例文でルールを確認しよう

現在形ではcanを使うのが自然

I can come tomorrow.「私は明日来れます」
He can't come tomorrow.「彼は明日来れません」

canとbe able toの意味は同じです。ですから上記の例文は、I am able to come tomorrow.やHe isn't able to come tomorrow.とも言えます。ただし日常会話ではcanのほうが自然です。be able toはかしこまった言い方に聞こえます。

ルール1

canが使える場面ではcanを使うが自然

助動詞、完了形、不定詞の後はbe able to

ただし、助動詞、完了形、不定詞の後はcanが使えません。必然的にbe able toを使うことになります。

I may not be able to come tomorrow.「私は明日来れないかもしれません」

I haven't been able to sleep lately.「私は最近、眠ることができない」

I want to be able to speak English.「私は英語を話せるようになりたい」

ルール2

助動詞、完了形、不定詞の後はbe able toを使う

過去形では状況によって使い分けをする

現在形ではcanを使える場面ではcanを使うのが自然でしたが、過去形ではルールが異なります。状況に応じてcould, was able toを使い分けします。

いつでも「~できた」という一般的状況ではcouldを使います。その場の1回限り「~できた」という特定の状況ではwas able toを使います。

特定の状況のほうが直感的に理解しやすいと思いますので先に特定状況の例文からご紹介します。

I was able to get the ticket.「私はそのチケットを入手することができた」

上記の例文で意味する「チケットを入手できた」というのは1回切りの特定の状況のことです。このような場合はwas able toを使います。

I could swim well when I was young.「若い頃は上手に泳ぐことができた」

泳ぐことができたのは特定の状況ではなく、過去の一般的な状況を意味しています。このような場合はcouldを使います。

could was able to
特定の状況 ×
一般的状況 ×

ポイント

was able toはmanaged to「なんとか~できた」で置き換え可能なことが多いです。I was able to get the ticket. は I managed to get the ticket.「私はなんとかそのチケットを入手できた」とほぼ同義です。could、was able toのどちらが適切なのか迷う場合は、その状況はmanaged to「なんとか~できた」と置き換えられるかを考えてみるとよいでしょう。

ルール3

過去形では「いつもできた」場合はcouldを、「1回限りの状況でできた」場合はwas able toを使う

過去否定形はややこしい

ややこしいのですが、過去否定形になると、特定状況の使い方ではwas't able to、couldn'tのどちらもOKです。否定形の場合、一般的状況なのか特定の状況なのか文脈から明らかにわかることが多いからです。

I could't get the ticket.「私はそのチケットを入手することができなかった」
I wasn't able to get the ticket.「私はそのチケットを入手することができなかった」

一方、一般的状況における過去否定形で使えるのはcouldn't だけです。次の例文で確認してみましょう。

I could't speak English when I was young.「若かったころは英語を話せなかった」

when I was young「若かったころ」というのは過去においての一般的状況です。一般的状況ではcouldn'tを使います。

couldn't wasn't able to
特定の状況
一般的状況 ×

ルール4

過去形否定形ではcouldn'tが便利。couldn'tは一般的状況でも特定の状況でもどちらでも使える


実践的な英文法や慣用句は英会話から学ぶのが効率的です。強くお勧めしたいのがスタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)です。実際にネイティブが使う言い回しをテレビドラマのような楽しさで、リスニング・スピーキング・文法・単語がオールインワンで学べます。

オンライン英会話ランキング

hanaso

初心者~初中級者の方に最もお勧めできるオンライン英会話スクールです。オリジナルテキストでシナリオに沿ってレッスンを進められるので、何を話してよいかわからないということがありません。リピート・ロープレ・定期的な復習で確実に話せるフレーズが増えていきます。確実に話す力がつくことが実感できるので、楽しくて次のレッスンが待ち遠しくなります。できれば他の人には内緒にしておきたいオンライン英会話スクールです。

レッスン時間帯 6時~25時
1レッスン 25分
最安プラン 4,180円
講師 フィリピン人講師
カリキュラム 日常英会話、ビジネス英会話、発音講座、基本英文法
特典 2回(1回25分間)の無料体験レッスン
  • フレンドリーなフィリピン講師
  • 関正生先生監修のhanasoオリジナル無料教材
  • 特許出願中オリジナル学習システム「hanasoメソッド」

QQ Englsih

質の高いレッスンを受けたいならQQ Englishがお勧めです。講師全員がプロ講師で効果的なレッスンが受けられます。そして特にお勧めポイントが学習スピードを何倍にもしてくれるカランメソッドが受けられることです。本気で英語を学ぶならQQ Englishで決まりです!

レッスン時間帯 0:00~24:00
1レッスン 25分
最安プラン 2,680円
講師 フィリピン
カリキュラム カランメソッド、R.E.M.S.(反射的英作文)、日常英会話、ビジネス英会話、試験対策(TOEIC)
特典 無料レッスン2回
  • 講師1300人全員が正社員。プロ教師で圧倒的なレッスンの質。
  • カランメソッドが受けられる!
  • インターネット回線の不具合なし!高速回線のオフィスからレッスン提供
  • 2週間先まで予約可能
  • トラブル時も安心!日本人による無料サポート

イングリッシュベル

カランメソッドに改良を加えたDME(ダイレクトメソッド・フォー・イングリッシュ)が受けられるのはイングリッシュベルだけです。反射的に英語が口から出ている英語脳になりたい、本気で英語を習得したいという人はイングリッシュベルで決まりです。

レッスン時間帯 0:00~24:00
1レッスン 25分
最安プラン 3,861円
講師 フィリピン
カリキュラム カランメソッド、DME、発音、日常英会話、ビジネス英会話、試験対策(TOEIC)
特典 無料レッスン2回(うち、1回はレベルチェック)
  • カランメソッドが受けられる!
  • カランメソッドの改良版とも言えるDMEが受けられる!
  • インターネット回線の不具合なし!高速回線のオフィスからレッスン提供
  • そのほかにも発音講座など20のコースがありニーズに合わせたレッスンが受けられる
  • 国際規格ISO9001の品質基準による管理体制で講師のレベルが高い

キャンブリー

人気急上昇中のキャンブリー。レッスン録画機能があって効果的に復習がしやすいです。24時間いつでもレッスンを受けられ、しかも講師はネイティブ。レッスンを濃密に、復習をしっかりしたいという方には間違いなくお勧めのオンライン英会話です。

レッスン時間帯 24時間
1レッスン 15分/30分/45分
最安プラン 2,074円
講師 アメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界中の講師
カリキュラム 基礎英会話、ビジネス英会話、試験対策(IELTS、TOEFL)
特典 10-42% off 
プロモコード:newstart10
※サブスクリプション購入ページにてプロモコードを入力
  • アメリカ、カナダ、イギリスなどの世界中のネイティブ講師とレッスンができる。
  • 予約なしでも思い立った時に24時間受講できる。もちろん予約も可能。
  • レッスン録画機能があるので効果的な復習ができる。
  • 翻訳機能付きチャットがあるから、分からなくなってしまった時も安心して質問できる。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプはなんとレッスン回数無制限!毎日レッスンできるだけでなく、1日に何度もレッスンを受けることもできます。そしてレッスンは予約不要で24時間365日実施していますので、思い立ったらすぐにレッスンができます。

レッスン時間帯 24時間
1レッスン 25分
最安プラン 6,480円
講師 世界120か国を超える講師陣
カリキュラム 基礎英会話、ビジネス英会話、キッズコース、試験対策(英検、TOEIC)
特典 7日間無料トライアル
  • レッスン回数無制限
  • 24時間365日今すぐレッスン
  • カランメゾットをはじめとして豊富な教材
  • 世界120か国を超える豊富な講師陣
  • 自主学習用のリスニング教材なども聞き放題

レアジョブ

業界最大手のオンライン英会話スクールです。オンライン英会話スクールがたくさんありすぎてどこにすればよいか迷ってしまうという場合、レアジョブにしておけば安心です。

講師 フィリピン人講師のみ
レッスン予約 5分前まで/1回分予約可能
レッスン時間 6:00~24:55
レッスンキャンセル 30分前まで
料金プラン 月8回:4,536円
毎日25分:6,264円
毎日50分:10,476円
毎日100分:17,280円
ビジネス英会話毎日25分:10,584円
中学・高校生コース毎日25分:10,584円
レッスンコース 日常英会話/旅行/ビジネス/中学・高校生向け
テキスト オリジナルテキスト(無料)/実用英会話・文法・発音・TOEIC・TOEFL
特筆事項  
どのスクールを選んでよいのかわからないという人はまずレアジョブを試してみることをお勧めします。講師が豊富で予約がしやすく教材もしっかりしています。業界最大手だけに総合満足度の高いオンライン英会話スクールです。

-話すための英文法

Copyright© アラフォー英語 , 2021 All Rights Reserved.