英会話と英作文の関係

スピーキング

英会話上達には英作文の訓練が不可欠【英会話と英作文の密接な関係とは?】

更新日:

英会話能力と英作文能力は密接な関係があります。意識するしないに関わらず、話すときには誰でも瞬間的に英作文をしています。このことは英語初心者であろうとネイティブであろうと違いはありません。

英語初心者の場合、「瞬間的」の時間が瞬間的と言えないほど長く、ネイティブの場合はその時間が意識にのぼらないほど短いという違いだけです。英作文にかかる時間が短くなればなるほど会話はスムーズになります。

TOEICの成績がよくても話せない人の原因

TOEICの成績はよいのに話すとなると全然だめという人がいます。これは英文読解やリスニングの能力はあっても、自分の言いたいことを形にする練習をしていないからです。

一般的に英語学習者はリスニング、リーディングや単語学習に時間を割きますが、アウトプット学習に当てる時間が少ない傾向があります。特に英作文の学習に時間を当てる人は極端に少ないです。「英会話」を習得したいと思う人が多く、英作文は無関係と考えてしまうのでしょう。

しかし英会話と英作文の能力は密接に関連しています。というよりも英作文は英会話の土台となるものです。英会話は頭で瞬間的に英作文をして言葉にします。英作文なしで英会話は成り立ちません。

話すための英作文とは?

英作文といっても大学入試にあるような論文調の堅い言い回しを学習する必要はありません。日常会話の言葉は論文と違ってシンプルでわかりやすい言葉です。だから話すための英作文の学習もシンブルな文章を使うのがよいです。

話せるようになることを目的とした英作文の学習は中学生レベルの英語がよいと言われます。中学生レベルと言うと低いように思われるかもしれませんが、中学生レベルの英語を使いこなせるようになれば日常英会話には不自由しなくなります。これは断言できます。

中学生レベルの英文でも英作文をしようとすると恐らく難儀すると思います。中学生レベルの英語ならたいていの人は読んで理解するのは問題ないはずです。しかし英作文となると話は別です。

最初はできなくても心配はいりません。できないのは単に英作文に慣れていないからです。慣れれば必ずできるようになります。

話すための英作文のトレーニングには次の3つがオススメです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

話すための英作文のさきがけ。ロングセラー本。話すための型を形成していく。今回紹介した本の中では最も平易。文章に不自然に感じるものが含まれているのが難点。

英会話 超リアルパターン500+

個人的にはこれが最もお勧め。瞬間英作文と同じようにパターン別に学習していくため話す型ができあがる。瞬間英作文との違いは文章が自然で、かつ会話の中で型を覚えられること。

ドラゴンイングリッシュ

上記2つと違って文法を意識した英作文トレーニング。とりあえず話せるようになるためには文法より型を覚えるのが手っ取り早いが、文法を補強しておくとより英作文に強くなる。英作文の量は少ないが質がめちゃくちゃよい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スピーキング

Copyright© アラフォー英語 , 2020 All Rights Reserved.